1. TOP
  2. 数字は何日単位で計測をすればいいのか?

数字は何日単位で計測をすればいいのか?

A/Bテストとは   75 Views

6b027759875778ef11c52eca59bdde09

 

Facebook広告中級編、A/Bテストについてです。

出稿したはいいものの、果たしてA/Bテストはどのくらいの単位で繰り返すのがベストなのでしょうか?

1日?1週間?半日?

 

さて、どのくらいのスピードで変えていくべきでしょう?様々な視点から考察していきます。

 

[toc]

 

A/Bテストの目的は何ですか?

 

何をするにも判断基準はまずここです。

 

「何が目的なのか」

 

これによって、ガラっとデータに対しての認識が変わりますよね。

 

ひとまず目の前のコンバージョンなのか。

ご成約数なのか。

どちらが目的なのか、しっかり軸に持っておきましょう。

 

 

Facebook広告からのお申込み流れ

 

ABテスト

通常Facebook広告では、LPからの申込までしかカウントしませんよね。

 

LPからの申込 とは、例えばメルマガの登録や、無料のPDFレポート、セミナーの申込などなど・・・。

これらがいわゆる、「ひとまず目の前のコンバージョン」

 

 

この目の前のコンバージョンを追うのであれば、1日あれば充分です。

スタートダッシュが良い広告が、その後も引き続き良い結果を出してくれます。

 

 

ですが。

 

 

何回もいいますが、私たちが注目すべきは、「ご成約」です。

 

ただ、この「ご成約」も、母数が多くなければ検証ができないということも事実なのです!!!!

 

 

はじめはコンバージョン、その次お申込み数、最後にご成約数

 

そもそもコンバージョンが悪いということは、お客さまにかない!ということです。

 

ですので、まずは最初はコンバージョンを追って下さい。

いくつか広告パターンを出すと、コンバージョンの良い画像と、コンバージョンの良いキーワードがわかってきます。

(ここに行き着くまでだいたい1週間くらい)

 

そうなってきたら次はご成約・・・・・

 

ではなく、

 

 

まず気にすべきことは、個別相談へのお申込み数

 

お申し込み数が良ければ、あとはいつものあなたのクロージングの%をもとに、ご成約数を計算することができます。

 

 

こちらで説明をした、ルートが正常に機能していれば、広告クリックから個別相談へのお申込みは最短で同日です。

 

同日にお申込みがない、ということは、動線のどこかが

・わかりにくい

・正常に機能していない

・広告からの流れに一貫性がない

ということが考えられますので、1つづつチェックをしてみましょうね!

 

▼Facebook広告を出稿するための考え方は全てこちらにまとまっています▼

https://uspnavi.com/?p=417&94

 

\ SNSでシェアしよう! /

USP×Facebook広告最強戦略の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USP×Facebook広告最強戦略の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

doieriko

「器用貧乏」だと言われて悩む方のために、器用貧乏は才能だ!器用貧乏だからこそ創り出せる新しい未来があるんだ!ということを伝えるためにこのシゴトをしています(^_-)-☆

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • スマホ会社・NTTドコモ・通信事業の広告事例

  • マーケティングと成功する広告の関係とは

  • 自分のビジネスがしっくりこなくて悩んでいるなら変えどきかもしれません

  • 不安を抱えながらの出稿ではなく、自信を持って広告を出す方法

  • ゲーム販売事業 広告事例

  • クレジットカード会社の広告事例