1. TOP
  2. ココロのSNS貧乏。過剰な演出で目をひくことは売上に繋がるのか?

ココロのSNS貧乏。過剰な演出で目をひくことは売上に繋がるのか?

WEB集客   327 Views

最近、この記事をFacebookでよく見かけます。

急増するキラキラ起業女子、大半は経済困窮…SNSで必死に「華やか&リッチライフ」自己演出

少し前はタレントのGENKINGさんが、SNS用に買い物をしすぎて、借金をつくった。という話も話題になりましたね。

こんにちは、土居恵利子(どいえりこ)です

今回お話するのは、今回ご紹介をした「お金」の問題だけではなくて、SNS疲れを起こしてしまう人に多い、「ココロ」のSNS貧乏についてお伝え致します。

SNS疲れはなぜ起きる?

ではまず、SNSをガンバっている起業家に多い「SNS疲れ」について考えてみましょう。

どうしてSNS疲れを起こしてしまうのか?

自分と違うキャラクターを創ってしまうから。

このパターンとても多いですね。
いくら起業家としてシッカリしなければ、先生として見られなければ。と気をつけているからといって、本来の自分と全く違う人間を創り上げてしまうパターン。

本当はパソコンなんて苦手なのに、IT機器に強い演出をしてみたり、
全くスキのない様子を演じてみたり、
本当はフレンドリーなのに、無理に毒舌を言ってみたり。

本当に本来そういう性格なのであれば別ですが、何かしら無理をして演出をしているのであれば疲れてきます。

”無理をして”

というところが重要で、自分のなりたい姿に繋がるものであれば、ちょっと負荷をかけても成長に繋がるかもしれませんね^^

どうやってキャラクターを設定すればいいか

では、どういう方向性でキャラクターを設定していけばいいかというと、もともとのアナタの良さをさらに引き立ててくれるもの。

あなたがやさしいキャラクターならば、とことん優しく。
あなたが厳しいキャラクターならば、とことん厳しく。

ポイントは”とことん”です。

明確でなければ、お客様に覚えてもらうことができないから。

例えば、このドラマ。▼▼

 

リーガルハイ。(個人的にすごくスキ)

自分はどういうキャラクターでいたらいいかな?と考える時に有効なのが、ドラマやマンガ・映画のキャラクターを参考にすることです。

そういったものは創る時にキャラクター設定が創りまれているので、自分がいいなと思うもの。自分の

お客様が「この人いいな」

って思うようなキャラクターをモデリングさせていただきましょう。

どうしてキャラクターを設定することが大事なのか

とはいえ、どうしてそんなことまでして、キャラクターを決めないといけないのか。

と、疑問に感じる方もいることでしょう。

そもそも、SNSをする理由てなんですか?起業家であれば、

お客様に知っていただくため。

ですよね。

今の時代、圧倒的にFacebookやSNSが「はじめまして」であることが多いです。

FacebookやSNSのWEBで「はじめまして」で出会ったあとは当然、仲良くなっていって、リアルで話をしたり、自分のセミナーにきて頂いたり、お相手のセミナーに行ったり、するわけです。

シゴトの一貫としてSNSをしているのであれば、WEBでもリアルでも一貫して同じ人間性でなければ、シゴトに繋がらないことは一目瞭然ですね。

ただ目立つだけの投稿は起業家として自己満足でしかない

キャラクターの話とも通じるのですが、ただ目立つからといって
「かわいい動物」


「かわいい女性」

などの、シゴトと関係のない画像で、ひと目を惹くのは効果ありません

猫がかわいいと思ってあなたの投稿をクリックした人が、あなたの商品を購入して下さる・・・・。

イメージ湧きますか?(あなたのシゴトが動物関係なら話はべつ)

かわいい女性!と思ってあなたの投稿をクリックした人が、あなたの商品を購入して下さる・・・。
どうでしょう、

リアルにイメージ湧きますか?

無理。と思ったのなら、あなたのシゴトを軸にしたあなた本来の良さを引き立てるキャラクターでWEBでの露出をしていってくださいね^^

Facebookをシゴトで活用する方法

そもそもFacebookをシゴトで使うとはどういうことなのか?
ということも最後に考えておきましょう。

Facebookとは、SNSであり本来友達同士の交流の場所です

売り込みの場所ではありません。芸能人が、Instagramでプライベートを投稿したり、Twitterで会話をするのは、「ファン」をつくるため。

私たち起業家も芸能人と同じです。Facebookに投稿をする際の考える軸は、ファンづくり。ではそのファンづくりをどのようにFacebookの投稿とからめていけばいいのか?

それは、

お客さまに「気付き」を与えることです。

「こんな商品・サービスがあったんだ!」
「もしかしたら、私の悩みは、これで解決できるのかも!?」
ということを、日常の投稿に織り交ぜていくのです。

そして、「気付き」を与える投稿を、繋がっている友人以上に広めたい、という場合は、その投稿がそのままFacebook広告となっていくのです。

 

 

Facebook広告を出したい、という方は以下に5つのステップで出せる方法があります

ご登録はコチラから

\ SNSでシェアしよう! /

USPナビゲーターの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPナビゲーターの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 【コツがある】Facebookの注目の写真を設定してメルマガ登録率をアップさせよう【テンプレートと動画つき】

  • 【実証】この投稿を●円で●人にリーチしましょうは本当か?

  • Facebook広告や投稿に使える動画をKeynoteで作成するカンタンな方法 テンプレート有り

  • 企画創造するの苦手?誰でもアイディアを生み出せる方法をお伝えします

  • 広告は売り込みではないし、キャッチコピーも必要ない

  • フェイスブックで集客する方法:Facebook投稿・SNS投稿からメルマガリストを増やす動線