人材派遣会社の広告事例

人材派遣会社のFacebook広告事例。
各社どのようにFacebook広告を配信しているのか見てみましょう。

 

リクルート

 

Indeed

Facebookページ
https://www.facebook.com/IndeedJapan/?fref=ts

 

解説

どちらもIndeedさん関係のFacebook広告です。

片方は職種を絞っています。

もう片方は、求人情報の多さをウリにしていますね。

(Indeedさんは多さをウリにしているということが両方の広告から見て取れます^^)

 

USPがあるかどうか、という面から考えると、最初の職種を絞っているFacebook広告の方が、理想としているお客様に届きやすいです。

更に、エントリー受付中。ということなので、割と気軽に応募できそうなイメージを持ちます。

 

Facebook広告から、イキナリ本気で応募したい方もいるかもしれませんが、やはり最初のハードルは低いほうが吉です。

 

まずは気づいていただく「キッカケ」を与えてあげることを考えて作成してみてください。

 

そして、御社の求人サイトが、お客様にお約束できるポイントを明確にして、出してくださいね。

 

Facebook広告を出したい、という方はコチラを見ていただければ詳細がわかります。

[surfing_other_article id=62]

Follow me!