1. TOP
  2. ブログコンサルタント成功事例:1リストの価格が想定の5分の1で出せましたカイエダミエさん

ブログコンサルタント成功事例:1リストの価格が想定の5分の1で出せましたカイエダミエさん

お客様の声   57 Views

Facebook広告ではとても競合の多いコンサルタント業界。

各々しっかりとしたポジションを取っていても、お客様からみたら「コンサルタント」とひとくくりに見えてしまうもの。

こんにちは、土居恵利子です^^

先日、私のコンサルを受けながらFacebook広告の出稿をされた、おもてなしブログの専門家カイエダミエさんから、嬉しいお客様の声をいただきました。

 

カイエダさんは、実は初めての出稿ではなく、以前出したことがあったのですが、その時はイマイチ効果がわからなかったそう。

今回は同じことが起きないよう、しっかりと基準をお伝えして出していきました。

 

ではどのようにカイエダさんが変化されていったのか、みていきましょう!

 

 

コンサルを受ける前の問題点

Facebook広告出稿は、以前自分でもやってみたことがありましたが、どの項目を見ればよいのか広告出資金額の量をどのくらいかければ、どのくらいのリターンが想定できるのか、などの判断基準が曖昧でした

 

ですので広告を出しても出しただけ」で終わってしまい得たい結果を得られないことばかりでした。

 

コンサルを受けた後に、解決できた点(気がついた点)はありますか?

判断基準が明確になったことと、土居さんがこれまでの研究に基づいた記録に沿って広告出稿したところ、通常1件のリストが1000円が常識と言われている中で、1件200円ほどで獲得できたことが自分でも驚きました。

また、アドバイスに従い、ブログのテンプレートをランディングページに即したものに変更し、広告のデザインと合わせたランディングページ、サンクスページを用意したところ、コンバージョン率が格段にアップしました。
もともとブログの専門家として数値管理は日々行っていたのと、クリエイティブは自分で作れたため、スムーズに広告出稿を行うことができました。

 

コンサルを受けた後にどんな人に紹介したいと思われますか?

メルマガのリスト獲得を、コミュニティ内で終わらせたくない方。
ご自身のサービスの可能性を信じている方。
より多くの方の目にふれ、専門家としての露出を検討している方。
これまで我流で広告は出してみたが、期待どおりの成果を得られないと感じている方。

 

コンサルを受けようかと考えている人に、是非一言メッセージを!

 

土居さんはとても頭脳明晰で、話していてとてもおもしろいです。
Funnyのおもしろい、ではなく、Interestingのほうの「おもしろい」です。
会話していて、脳みそが喜ぶ音がしました。
研究熱心な真剣な人と話してると楽しい〜〜という感覚を久しぶりに味わっています。

広告出稿について、右も左もわからない人にもおすすめですが、どちらかというと我流でやってみたものの、思ったような成果が得られなかった、広告出稿経験者に強く土居さんのコンサルをおすすめしたいです。

東京都在住
おもてなしブログ専門家

カイエダミエさん

━━━━↑ ↑ ↑ ここまで

 

カイエダさん、ありがとうございます^^

 

個別相談のお申込や最新情報はメルマガでお届けしています!気になる方はコチラから

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

USP×Facebook広告最強戦略の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USP×Facebook広告最強戦略の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

doieriko

「器用貧乏」だと言われて悩む方のために、器用貧乏は才能だ!器用貧乏だからこそ創り出せる新しい未来があるんだ!ということを伝えるためにこのシゴトをしています(^_-)-☆

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 自分のビジネスがしっくりこなくて悩んでいるなら変えどきかもしれません

  • 広告に対しての良くない印象から、お仕事に繋がるものであると意識が変わりました

  • 効果があるFacebook広告とはどういうものなのか、わかりました【Facebook広告 戦略】

  • メルマガ読者を増やすためのFacebook広告の戦略的な使い方【Facebook広告 戦略】

  • 私のFacebook広告を成功させるために 何ができるか全力で考えてくださり 向き合ってくださいます!【感想】

  • Facebookが苦手でもお問い合わせいただけた成功事例。USPを持ち発信することの大事さ。