1. TOP
  2. そのうち客も、今すぐ客も引きつけるポイントは、ランディングページ・サンキューページ・サンキューメールにあった。食べる筋トレレシピの専門家ギール里映さん

そのうち客も、今すぐ客も引きつけるポイントは、ランディングページ・サンキューページ・サンキューメールにあった。食べる筋トレレシピの専門家ギール里映さん

Facebook広告のコンサルティングをした食べる筋トレプロデューサーギール里映さんの事例をご紹介致します。

14642244_950688001704296_7616610589819439125_n.jpg

 

ギールさんは、お子さんに、最高の未来を手渡すための食事法を、お母様方にお伝えしています。

 

先日からFacebook広告を出稿していますが、私が1つの目安としている

好調ライン(数字や、メルマガの登録数)を維持し、順調に

メルマガの登録者数が増えています。

 

では早速、どのような準備をし、どのように進めればこのような成果につながるのか?ということを、お話をさせていただきますね。

 

まず、全体像からお伝えします。

 

<全体像>

 

1.Facebook広告を出すゴールを確認する&最低限のFacebook広告マネージャー等のアカウントの設定

2.Facebook広告のテーマを考える(企画想像をする)

3.Facebook広告からの動線を整える

4.Facebook広告にも、ランディングページにも、USPが必要

5.Facebook広告出稿1日目にしたこと

6.Facebook広告出稿2日目以降にしたこと

 

 

このような流れでお伝えしていきますね。

 

1.Facebook広告を出すゴールを確認する&最低限のFacebook広告マネージャー等のアカウントの設定

 

どうして今、この時期に広告を出すのか、

というゴールを改めて明確にします。

 

そのゴールによっては、「今」やる必要が

ない可能性もありますよね。

 

 

例えば10月の売上を上げる為に!

という目的で、10月の25日から広告を出しても、

もはや間に合いません^^;

 

 

別のことをしたほうが得策です。

 

 

ですので、いつまでに、

どういう成果を上げる目的で、

広告を出すのか、ということを明確にします。

 

 

そして、もう1つ、

最低限のFacebook広告のアカウントの設定を

してしまいます。

 

 

準備物のリストは

用意していますが、

最低限のアカウント設定を

しておくことで、

抜けに早めに

気づくこともできるのです。

 

 

 

具体的に何をするかというと、

 

1.Facebookページの有無確認

2.Facebook広告のクリック先のランディングページの確認

3.ピクセルコードの設定

 

です。

 

 

1.Facebookページの有無確認

 

Facebookページがないと、

まず広告は出せません!!

 

 

ですので、Facebookページの

有無を確認します。

更に、ただページが

存在しているだけ。

 

ではダメです。

 

広告を見た方の一部の方は、

広告をクリックせずに、

Facebookページに

飛んでくる方もいるのです。

 

 

そんな方々が、

Facebookページにきたときに、

カバー写真も

プロフィール写真も、

情報も、

何も設定されてなかったら・・・

 

ちょっと信用できませんよね。

 

 

ですので、きちんと、

伝わるように情報を

載せておくことが大事なのです。

 

 

2.Facebook広告のクリック先のランディングページの確認

 

クリックをして、

どこに飛ばすのか?

ということを決めていきます。

 

HPをもっていればHPへ。

ブログ(ワードプレス等)を

もっていればブログへ。

 

 

※もし、持っていなければ、

創る必要があります!

 

 

 

3.ピクセルコードの設定

 

2でクリック先を確認したら、

次は、そのページに

「コード」を埋め込みます。

 

HTMLがわかる方であれば、

ご自身でも埋め込みできますが、

もし、わからなければ

私が入れる場所については

お伝えしていますのでご安心を。

 

 

このコードを埋め込むことで、

自分のブログなりHPには、

どういうお客様が

訪れているのだろうか?

 

という、

解析をすることができるので、

とっても大事な設定です。

 

この埋め込んだ

ピクセルコードをもとに、

Facebook広告の出稿を

することもできるので、

出したい方は早めに設定をしておいてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

以上がまず最初のステップです。

 

文章にすると長く感じますが、

設定だけであれば30分もあれば済みます!

 

ある程度ブログやHPを運用してきた方でしたら、

15分もあれば終わりますよ^^

 

 

地味な作業かもしれませんが、

こういう積み重ねで、

広告は出していくことができるので、

土台の部分はシッカリと整えておいてくださいね!

 

 

2.Facebook広告のテーマを考える(企画想像をする)

 

解説に入る前に、今回の大前提として、

 

広告をクリックしたら、ギールさんが出された

無料小冊子をダウンロードする、

という流れになっています。

 

無料小冊子をダウンロードする=メルマガに登録をする。

 

ですので、

その点を注意してお読み下さい。

 

 

まず、大事なポイントは、

ゴールからの逆算であるということ。

 

1つ前の項目でお伝えした通り、

まず最初に広告を「何のために」出すのか、

というゴール設定を一番最初に行うはそのためです。

 

 

今回、ギールさんのゴールは「個別相談」なのですが、

 

 

その個別相談は

 

どういったテーマで行われるのか?

 

ということを明確にします。

 

 

そしてその個別相談までの

ステップをゴールからの

逆算で作り上げていくのです。

 

 

 

では、具体的に、どのように作り上げていくのか?

ということをお伝え致します。

 

まず以下の図を見てみてください。

 

画像クリックで拡大されます

112696

 

この図でいうと、

お客様は時系列で、左から右にページを見ていく

という流れになっています。

 

 

ここで

今日1番の大事なポイント!

 

それは、

 

広告のテキスト内容と、

小冊子のLPに書かれている

申し込みフォームまでの

テキスト内容は、

 

全く同じもので良い!

 

ということです。

 

 

人は、広告をパっと見て

目に入るところを読みます。

 

 

つまり、

1行目か、もしくは画像です。

 

 

「何だろう、気になる」

という気持ちを

1行目か、もしくは画像で、

掻き立てます。

 

 

その次に、

クリックをした先のLPでも

同じ文章を読み、

「へぇ!そうなんだ!」

納得してもらい、

登録をしていただくのです。

 

 

ですので順番としては、

 

1 広告のテキストを考える

2 LPの申し込みフォームよりも

  下の部分の文章を作成する

 

です。

 

 

ちょっと話がややこしくなりましたね。

画像で解説するとこうです。

112703

 

 

 

同じことを2回も載せるなんて

モッタイナイ!

と思うかもしれませんが、

 

お客様は基本的に、

あまり・・・

 

いえ、

 

ほとんど!

広告の文章は読んでいません。

 

 

ですので、同じことを2回繰り返してやっと、

頭に入ってくれるのです。

 

 

 

百聞は一見にしかず!

 

 

ぜひ、どのような

構成で作成されているのか、

ギールさんのLPを

見てみてください!

 

本来であれば広告を

クリックしないとたどり着けない、

貴重なページですよ!^^

 

http://taberu-kintore.com/?page_id=1987&edowp

※時期によっては非公開になっているかもしれませんので、その点はご了承下さい!

 

 

3.動線を整える

 

動線を整える

とはどういうことか、

といいますと、

 

すぐ欲しいと思ったお客様が、

迷うことなく

購入にたどり着くことができるよう

道を舗装しておく。

 

ということです。

 

昨日用いた図を応用して、

お客様の数の

流れをみてみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-18-55-40

↑クリックで拡大可能

 

最終的に個別相談に

お申込いただける人数というのは

本当に限りなく少ないのです。

※割合はまた後日。

 

 

そうか〜じゃぁ、

広告を見ているできるだけ

多くの人にきてもらう工夫を

しなくっっちゃ!!

 

 

 

 

 

って思いますよね、普通。

 

 

 

ですがそれ、

 

 

 

大間違いなのです(@△@)!!

 

 

ここで集中するのは、

 

人数の多い、

「そのうち欲しい」

と思っているお客様ではなく、

 

上の図でいうと、

ピンク色の「今すぐ欲しい」

お客様のことだけに集中をして、

動線を整えていくのです。

 

 

 

「そのうち欲しい」

と思っていたり、

少しでも興味があるから

メルマガに登録を

してくれたのです。

 

 

そんなお客様に

今すぐ個別相談へ!

今すぐ買いましょう!

すごくいいですよ!!

 

と、言ったところで、

迷惑なだけですからね^^;

 

 

 

では、具体的に何をするのか、

ということをお話していきます。

 

 

 

1 特典のお知らせは、Thank youページ内に入れるが、その際に、スマホでスクロールしなくてもいい場所にいれる。

 

理由▶Thank youページは

そもそも真剣に読むものでは

ありません。

 

見られないことを前提に考えると、

何がなんでも

スクロールせずに見られる場所に

配置したいですよね。

 

2 小冊子LPでは、何箇所も申し込みフォームを挿入し、必要だと思ったタイミングで申し込みできるようにしておく。

 

理由▶LPの長さにもよりますが、

少なくても3箇所は必要です。

 

各段落が終わるごとに、

申し込みフォームを挿入

しておきます。

 

 

3 ThankyouページとLPは読み込みのストレスなく、表示されること。

 

理由▶画像を多用して

見た目はいいけれど

重たいサイトは、

読み込みにすっごく時間が

かかってしまいます。

数秒待って表示されないものは、

バツボタン行きです!

 

 

 

昨日お伝えした、

テーマさえきまれば、

ここは簡単ですね^^

 

 

徹底的に、お客様目線を

わすれずに、

動線を整えてみてくださいね。

 

コツは何度も自分で

実際に申し込みをして、

確認をしてみることです^^

 

 

 

3,Facebook広告にも、ランディングページにも、USPが必要

 

ところで、USPって何だったか
覚えてますか?

 

USPとは、お客様への究極のコミットメントです。

▶もっと詳しく知りたい方はコチラを見てみて下さい「はじめてのUSP」

 

最も有名なUSPは

「熱々で、ジューシーな
おいしいピザを
お宅まで
30分以内にお届けします。

 間に合わなければ、
代金は頂きません。」

ドミノ・ピザのUSPですね。

 

 

お客様に、何を”お約束”するのか。

 

 

つまり、
私のところにきたら、
あなたはこうなれますよ!

というメッセージと
なっているのです。

 

 

これを広告におきかえて
考えるとこうなります。

 

 

・この広告をクリックすると、
あなたは、こういうものを
得ることができますよ!

 

・この小冊子に登録をすると、
あなたは、こういうものを
得ることができますよ!

 

 

と、いうように、

 

広告をクリックするという
ステップにおいてのUSP、

小冊子に登録をするという
ステップにおいてのUSP、

 

をそれぞれ創ってあげるのです。

 

 

 

Facebook広告成功事例:お子さんをお持ちのお母さんに向けたUSP事例

 

例えば、ギールさんの広告ですと、
まず1行目が広告を
クリックする理由です

113037

 

 

子どもの能力を伸ばして
あげたい!!
と思っているお母様に
むけてのメッセージです。

 

そして、登録フォーム
手前にかかれていることが、
無料小冊子をダウンロード
するための理由です。

113039

 

 

Facebook広告のUSPを作成し、成功に導くポイント

 

昨日お伝えしたように、
お客様の気持ちが徐々に
「欲しい!」に近づいて
こないといけません。

 

広告は、
「能力は伸ばしてあげたいけれど、
食事で能力が伸びるとは知らない」
お母様に、出しています。

 

ですから広告でイキナリ、

食べ物・食べ方にちょっと
気をつけるだけで
子どもの能力が覚醒する!

 

と言ったとしても、
まったくピンときませんよね。

 

 

ですのでまずは、広告の1行目で

 

この1冊で
「子どもの能力アップの方法」
がわかります

 

と、伝えてあげることが
必要なのです。

 

 

 

このように、
1つづつテキストを
作っていくのですが、
必ず全体の流れも同時に
見ながら、少しづつ少しづつ
言葉の調整をしていきます。

 

 

イメージとしては、
ルービック・キューブでしょうか。

113043

やったことありますか?

 

1面だけならちょっと頑張れば
揃うんですよね。

 

ですが全部の面を揃えるには、
1面そろえつつ、
全面そろえていく、
という目
が必要です。

 

 

 

うまくいった流れですと、
「すごい!ダウンロードしたい!」
って、自分で読んでて
なりますよ^^

 

そうなるまで
繰り返し創ってみて
くださいね。

 

 

お客様の反応を
確かめたい場合は、
創ったテキストを
通常の投稿に使ってみることを
オススメします。

 

いいものですと
いつもよりブログへの
アクセスがよかったり、

 

いいね の数が
おおかったり。
と、必ず反応があります。

 

 

お試しくださいね(^_-)-☆

 

 

5.Facebook広告出稿後の動き出稿1日目にしたこと 

 

 

さて、今までは準備編でしたが、
今日はいよいよ出稿後の動きです。

 

 

 

出稿して2〜3時間後、
広告の消化金額と、
広告のリーチを、確認します。

 

ここが適正でないと、
広告を出している意味がないから!

 

ギールさんの場合は
最初に設定していた内容が、
あまり芳しくなく、
すぐに変更をしました。

 

ポイントは、
お子さんの教育に熱心な女性が、
興味を持っていそうなことって
何だろう?
という視点です。

 

それに応じた、
「興味関心」を選択すると、
かなり多くの方に。しかも、
ちゃんとお客様対象である方に、
お届けすることができます。

 

色々と候補はあったのですが、
2つほど、「これだ!」
というものを
お伝えし、その興味関心に、
設定を変更。

 

 

 

その後は1リーチあたりも好調で、
メルマガへの登録も順調!

 

 

私がサポートをさせてもらった
Facebook広告の中で
最も良い記録を、
現在もなお更新中です^^
(その後、設定はチョコチョコ変更しています。)

 

 

では、どうしてそんな、
最高記録が出せたのだと
思いますか?

 

 

私はその理由は以下の2つにある、
と、考えています。

 

 

1 USPのある良い商品・
サービスがあるから

 

2 届けたい!という、
強い想いがあるから

 

3 広告の数値を細かく
チェックして、改善に移す
スピードが早いから

 

 

1 USPのある良い商品・サービスがあるから

 

今までは、Facebookで
繋がっている範囲の友達や、
メルマガの読者の方々にしか
露出ができていませんでしたが、

 

今回、Facebook広告を出し、
とてもお客様からの反応が良い。
ということを見ると、
「食べる筋トレ」は、
世の中のお母さんがたに
求められているサービスなんだな。

 

ということを身をもって
実感することができました。

 

 

更に、その商品を明確に
お客様にお伝えすることができる、
USPも備わっていたんですね。

 

2 届けたい!という、強い想いがあるから

3 広告の数値を細かくチェックして、改善に移すスピードが早いから

 

広告は、出した瞬間は、
そこそこ反応が良いものなのです。

 

今までに見たことのない
ものは目に留まりやすく、
最初はみなさん反応してくれます。

 

ですが、時間が経てば
飽きられ、
効果は下がっていく・・・。

 

その時に、
「下がっっちゃった(T-T)」と
ただ眺めているのではなく、
次の一手をいかに早く打つか?

 

が、大事になってきます。

 

この時、

短時間で変更をしたり、
細かく数字を見て改善
を重ねることを、

「そんなの普通だよね」

と思えるのは、

「このサービスを届けたい!」

というビジネスへの強い想い
があるからだと私は
思っています^^

ですから、

 

すばらしいUSPと、強い想いと、素早さと。

 

この3つがうまく回ることで、
ビジネスの広まりが
加速する、というワケですね。

 

 

6.Facebook広告出稿2日目以降にすること

 

することは、
実は1日目と同じです^^;

 

ですが2日目以降は
「この広告の反応がいいな」

 

ということが判明してくるので、
ブラッシュアップ
時間を割くことにはなってきます。

 

 

そして。

 

ここから先ポイントに
なってくるのは、

「個別相談への
お申込があるのか?」

ということ。

 

いくらメルマガに登録があっても、
なかなか申込が入らない。

 

という状況では、
売上に結びつけるには
少し時間がかかってしまいます。

 

広告のゴールは、
出すことでも、
メルマガ読者の方々を
集めるのでもなく、

 

個別相談に申込があるのか

 

が、大事なポイントなのです。

 

 

今まで自分のことを
知らなかった方々にも
知っていただける反面、

「ちょっと登録してみようかな」
という”気軽”に登録をされる方も
たくさんいらっしゃいます。

それが広告の醍醐味でもあり、
とっても良いことなのですが、

お金を出して広告を
出稿しているのですから、
先行投資したものは、
何がなんでも回収しよう。

 

というのが私のポリシーです。

 

それは同時に、
困っているお客様を
助ける
ことに繫がるからです^^

 

 

どんなにいい商品があって、
どんなにキレイに良いことを
述べていても、

 

ていただけなければ、
お客様は問題を解決できずに
困ったまま
過ごすことになるのです。

 

 

潔くンプルに、
お客様に来てもらえる工夫
日々重ねていってくださいね。

 

▼Facebook広告を出したい!そう思う方はこちらをご確認下さいね▼

https://uspnavi.com/?p=199&301

 

\ SNSでシェアしよう! /

USPナビゲーターの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPナビゲーターの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ブログの活用法について理解し、「自己満足」から「お客様の為」という目線になりました

  • 整体院事例:イベント集客の広告。我流で失敗する前に一度ご相談したほうが良い!

  • ポイントを押さえて改善を重ねていけば、必ずお仕事につながるWEBメディアができるのだとわかりました!【ジャパネスク・ビューティ・クリエイター 上杉惠理子さん】

  • 私のFacebook広告を成功させるために 何ができるか全力で考えてくださり 向き合ってくださいます!【感想】

  • メルマガ読者を増やすためのFacebook広告の戦略的な使い方【Facebook広告 戦略】

  • 集客が先細りしており、改善策を探していました【Facebook広告 戦略】