1. TOP
  2. 【コツがある】Facebookの注目の写真を設定してメルマガ登録率をアップさせよう【テンプレートと動画つき】

【コツがある】Facebookの注目の写真を設定してメルマガ登録率をアップさせよう【テンプレートと動画つき】

USPとは WEB集客   228 Views

 

こんにちは、土居恵利子(どいえりこ)です。

あなたは、Facebookの注目の写真、設定していますか?

こういうやつですね。

パソコンで見たらこの左側に表示されますし、

スマホだともっと目立ちます。ココ。

 

私は当初、ただの自分の無料プレゼントしているテキストの画像を置いていたのですが、全く反応がなく・・・・^^;

そんなもん?と思っていたのですが、「あること」をしたことにより、メルマガの登録が増えました。

そのコツをお伝え致します。

 

Facebookの注目の写真には何を設定するのがいいのか?

どうして起業家たちがこぞってこの注目の写真を設定するのか?それは「注目の写真」にポイントがあるのではなく、その下です。

コレ。

このURLを押していただきたいがための、画像なのです。

どんなことを書けばいいのか?

ということは、画像には、URLをクリックしていただけるような内容を書く必要がある。ということですよね。

私の画像はこういった構成で作成されています。

 

実は、Facebook広告で使っているノウハウをそのまま活用しただけなのです。

クリックするメリット

を明覚に提示してあげることで、お客様が、URLをクリックする確率がぐんと上がります^^

※USPについて知りたい方はコチラの記事をお読み下さい。

やってしまいがちな失敗ポイント

失敗ポイントその1:行動喚起がない

失敗ポイントとしては、何の行動喚起もないこと。

行動喚起とはつまり、「下のURLをタップすると詳細ページに移動します。」という、

欲しいと思ったらどうしたらいいか?という行動をうながしてあげることです。専門用語でコールトゥアクションと言います。

 

私がもともと設定していた画像は、表紙をどーんと貼っただけなので、行動喚起がなくて、

ふーん。だから?

と、なってしまうのですね。

 

この小冊子を読めばこんなメリットがあって(USP)

小冊子を手にするにはメルマガに登録していただければよくて、(小冊子の入手方法)

どうやって登録するかっていう方法はね(具体的なアクション)

↓という順番になっているんですね。

 

失敗ポイントその2:過度なアピール

好き嫌いもあるかもしれません。ですが、クリックせよアピールがすごすぎるものは、私は苦手です。

多くのユーザーはそういった売り込みに敏感ですので、逆効果だったり、嫌な気持ちになるのでは?

と感じます。

特に、「やじるし」 は、かなり鋭利な印象を与えます。

イテテテ・・・・。逃げたい・・・。クリックするどころではない。

 

ということで私は、こういう画像を採用するようにしています。

ね。これなら痛くないですよね^^

 

Facebookの注目の写真に設定をする画像をKeynoteで作成する方法動画

ここまでは画像内にどういったことを記載すればいいか。ということをお伝えしてきました。

 

ですが、肝心の画像創るスキルがないんですけど・・・という方のために、画像の創り方を動画で解説&Keynoteのテンプレートをプレゼント。

動画の概要欄にも貼っているのですが、紹介しているKeynote、以下をクリックでダウンロードできます。

PowerPointでは創っていないので、macの方限定になってしまうのですが。参考にしてくださいね^^

▼以下のURLをクリックしてKeynoteを手に入れる▼
https://uspnavi.com/wp-content/uploads/2017/11/chuumokunoshashin.key

 

動画の再生は以下をタップ。

 

 

もっとハイペースでメルマガ読者さんを増やしたい!という方はコチラもお読み下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

USPナビゲーターの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPナビゲーターの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • SNS・ブログの集客・ビジネス活用術の落とし穴

  • 広告の神様ロッサー・リーブスが提唱したUSP(独自のウリ)とは

  • 広告は売り込みではないし、キャッチコピーも必要ない

  • 企画創造するの苦手?誰でもアイディアを生み出せる方法をお伝えします

  • ペルソナ・見込み顧客を設定し、最短で出会うためのマーケティング戦略

  • ゲーム販売事業 広告事例