1. TOP
  2. 売れるビジネスコンセプトを創るコツは7ステップで創る設計図にあり

売れるビジネスコンセプトを創るコツは7ステップで創る設計図にあり

ビジネスを確固たるものに育ってていくにあたって、避けて通れないのがビジネスコンセプトです。

こんにちは、土居恵利子(どいえりこ)です。

コンセプト無しにビジネスを創り上げることはできませんし、また、拡大していくこともできません。

まず、コンセプトとは何なのか?ということから、コンセプトの創り上げ方までを解説していきます。

ビジネスコンセプトとは?

簡潔に言うと、コンセプトとは「あなたを選ぶ理由」です。

欲しいものは手にいれようと思えば、何でも手に入る時代。「あなたを選ぶ理由」がなければ、わざわざあなたを選ぶ必要がないのです。

ビジネスコンセプトが無いと陥る価格競争

ではコンセプトがないと、どうなるのか?というと

「他でも同じものを売っているけどここが一番安いからここで買おう」と、

値段で選ばれてしまうのです。

そうすると、「競合が値下げしたからわたしも値下げしなきゃ」と、自らすすんで価格競争に陥っていくのです。

ビジネスコンセプトがあれば価値で選ばれる

コンセプトとは「あなたを選ぶ理由」だとお伝えしました。

選ぶ理由にも色々ありますが、「値段が安いから」以外のポイントで選ばれたいですよね。

そうなると、「価値」で選ばれるということになります。

どんなに良いものを売っていても、お客様に価値が伝わらなければ、お客様にとっては無価値です。

例えば、レストランで食べるパスタは1500円くらいしますよね。
ですが材料だけで考えたら、パスタの麺は100gで100円もしませんし、ソースがトマトベースで具材がベーコン等であれば材料費だけでしめて数百円。

更に、ただの「パスタ」という商品名ではなく、「完熟トマトとカリカリベーコンのパスタ」なら、頭の中にパスタがお皿に盛り付けられてるところが想像できますよね。

価値ある商品と、伝わる言葉があって、初めてお客様から選ばれるコンセプトが完成するのです。

ビジネスコンセプト作り

ではいよいよ、ビジネスコンセプト作りの7つのステップを解説していきましょう。

ビジネスコンセプト作りステップ1:なぜこのビジネスをしたいのか?

まずはあなたが今のビジネスをしようと思った理由を明確にします。

ちょっと遠回りなのでは、と思うかもしれませんが、あなたが自分の好きなコトをシゴトにしたいと願うのであれば外せないステップです。

以下の3つのパートに分けて書いてみましょう。

気づき

あなたのビフォーだと思って下さい。あなたが今のビジネスを始めるゼロの状態です。

何かに困っていることがあり、あなたはまず自分の問題を解決したくて今の資格や商品を手にいれたはず。

他のみんなは気がついていないのに、自分だけが困っていたことはなんですか?

例)
アトピーがひどく、肌荒れがひどかった。
子どもがやる気を出さない。
肩こりが鍼に行っても治らない。

解決策発見

「気づき」に書いていたような問題を解決するために起こした行動を書いていきましょう。

資格を探した、片っ端から病院に通った、片っ端から本を読んだ、書いてあることは全部試してみた・・・

などなど、あなたの試行錯誤を書いて下さい。

例)
肩こりがひどくて頭痛を直すために痛み止めを毎日飲んでいた。週に2回整体に通っていた、ストレッチもした、カラダのことを勉強した、食事のことも勉強をした。等

問題解決

あなたは今この問題解決策を人に教える立場にいますね。では、どうしてわざわざ人に教えたいのでしょうか。

リスクをおかしてまで起業したのでしょうか?

きちんと言葉にして書いてみましょう。

 

ビジネスコンセプト作りステップ2:ペルソナ(理想のお客様)・見込み顧客はどんな人?

あなたが来て欲しい理想のお客様像を書いていきます。

この人だったらお金を払ってくれそう。
この人だったら言うことを聞いてくれそう。

ではなく、理想のお客様です。
こんなお客様が来てくれたら毎日ハッピーだなー。という想像をしながら書き上げていってください。

書き上げる際に参考にしてほしいのがコチラ。

  • 個人名レベルまで落とし込むこと
  • 女性ですか?男性ですか?
  • 結婚していますか?
  • どこに住んでいますか?
  • 何歳ですか?
  • 今何にこまっていますか?
  • シゴトはしていますか?何をしていますか?
  • その人の読む本や雑誌・映画・小説はどのようなものですか?
  • どのようなライフスタイルですか?
  • 趣味はなんですか?

 

ここまで完了しましたか?

お疲れさまです^^

では、振り返ってチェックしてみましょう。

ステップ1で書いた理由は、ステップ2で書いたお客様が、「そんな理由でこの商品を提供してくれてありがとうございます」と喜んでくれるような理由になっていますか?

ゴールは、「この人なら信頼できる!」と思っていただけることです。

さて、ここまでOKでしたらステップ3にいきましょう。

ビジネスコンセプト作りステップ3:ペルソナ(理想のお客様)・見込み顧客はどうなれる?

次は、お客様があなたのビジネスを受けることでどうなれるのか?お客様がなれる未来像を書いていきます。

シンプルにすることが大事。

カゼをひいている時に、病院にいくと、カゼがよくなりますよね。

そのくらいシンプルに。

  • 元気になれる?
  • 癒される?
  • 痛みがとれる?

このようにヒトコトで書いてみてください。

 

では、もう1つ深く掘り下げましょう。

その先どうなりますか?

  • 元気になったらどうなりますか?
  • 癒されたらどうなりますか?
  • 痛みがとれたらどうなりますか?

あなたはもう、解消できているから、よくよく思い出してみましょう。

元気になったら、もっとシゴトができるのに。
癒やされたら、人間関係のストレスが解消できるのに。
痛みがとれたら、もっとスポーツの成績がよくなるのに。

そんな、なりたい姿を書いていきましょう。

ビジネスコンセプト作りステップ4:あなたが提供する商品・サービスは何ですか?

ステップ3で、お客様の未来像を書き出しました。

その未来像になるためにお客様にすること、もしくはお客様がすることはなんですか?

例えば、病院であれば、問診・触診・投薬・点滴 等の方法がありますね。

理想のお客様が、ステップ3の状態になるために何が必要か?ということを、「今できること」ではなく「必要なもの」ベースで考えていきましょう。

ビジネスコンセプト作りステップ5:ライバルではなくあなたを選ぶ理由は何ですか?

3つ、書いて下さい。

例えば、今までの実績の数。お客様の変化があれば書いてみましょう。

もし、書けるほどの実績がないと感じるのであれば、例えばフットワークの良さをあげてもいいでしょう。
もしくはあなたのビジョンです。

ビジネスコンセプト作りステップ6:お客様があなたにお金を払う理由は何ですか?

どんなに良いものだとわかっていても、お客様はできるだけお金を払いたくありません。

あなただって、そうですよね。購入の際は、吟味したいものです。

ですので、背中を押してあげる要素。明日、明後日ではなく、今日、今、買ったほうがおトク。という理由を挙げていきます。

なぜ「今」お金を払わなくてはいけないのか

今が一番若いのだから、今始めることで効果が最大になる!

今購入すると限定のアメニティプレゼント!

今日が最終日!

などなど、「そうか、今日かわなきゃ損なんだ」と思っていただける戦略は何ですか?

なぜあなたから購入するのか?

ステップ5と同じ回答になるかもしれませんね。どうしてあなたを選ぶ必要があるのか?ということを簡潔に書いてみましょう。

なぜその方法がいいのか?

なぜ、お客様はあなたの商品が良いと信じなければならないのでしょうか?

例えば、「○○成分配合」「ランキング1位」等、それなら買ってもいいかな。という理由があります。

気持ちよく買っていただくため、安心して買っていただくための要素は何ですか?

ビジネスコンセプト作りステップ7:あなたのUSP

さて、いよいよ最後のステップです。

1〜6で書き出した内容を見返してみてください。

きっと、「あなたならでは」の特徴があることでしょう。その上で、以下のカッコの中に言葉を入れていってください。

USPの公式

( )の( )を( )にする( )の専門家

それぞれ解説をすると

(ステップ2)の(ステップ1)を(ステップ3)にする、(あなたのシゴト)の専門家

となります。

この公式の段階では、まだ英語の直訳みたいなものです。一度あてはめてから、どんどんブラッシュアップして下さいね。

 

各ステップの内容に違和感がないか、1枚のシートにまとめると、わかりやすく管理できます。

こちらの記事に書かれている7ステップを1枚のシートにまとめることができるよう、「自分ビジネス設計図」シートを準備しております。

必要な方は以下からダウンロードして下さいね^^

ご登録はコチラから



\ SNSでシェアしよう! /

USPナビゲーターの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPナビゲーターの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • なぜ、Facebook広告を自分で出す必要があるの?

  • 【実証】この投稿を●円で●人にリーチしましょうは本当か?

  • 企画創造するの苦手?誰でもアイディアを生み出せる方法をお伝えします

  • 0.5秒で選ばれる:無料でできるWEBの仕組みを整える

  • ペルソナ・見込み顧客を設定し、最短で出会うためのマーケティング戦略

  • 【駅看板・広告】デジタルハリウッド大学